三重県の歴史やアートに触れてみませんか? 夏休みに楽しめる3つの展示を紹介します。

三重県の歴史やアートに触れてみませんか? 夏休みに楽しめる3つの展示を紹介します。
(感染症対策を徹底して、お出かけください)


(感染症対策を徹底して、お出かけください)

1 「再現!姫君の空間~王朝の華やぎと輝きの世界へ~」展

*場所

斎宮歴史博物館 特別展示室( 三重県多気郡明和町竹川(たけがわ)503 )

*期間

2021年7月10日(土)から9月5日(日)まで

9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

休館日 月曜日(8月9日は開館、10日は休館)

*観覧料

無料(常設展示を観覧する場合は、所定の観覧料が必要です)

*内容

物語や絵巻に基づき平安時代の女性の服装を復元・製作し、※打出(うちいで)の場面を再現することで、姫君が住まう空間とその場の様子を体感してもらう展覧会です。

※打出(うちいで)とは、簾の下から女性の服の袖と裾をおし出して見えるようにしたものです。

(詳細はhttps://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/

*問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館

電話:0596-52-3800(日本語のみ)

 

2 特別展示室企画展「浦中こういち絵本原画展 わくわくのはじまり」

*場所

三重県立熊野古道センター 特別展示室( 三重県尾鷲市向井(むかい)12-4 )

*期間

2021年6月26日(土)から9月12日(日)まで 午前10時~午後5時

*入場料

無料

*内容

三重県大台町出身の絵本作家・イラストレーター・遊び作家、浦中こういちさんの原画や紙皿シアター、映像作品などを展示します。子どもたちとの触れ合いから生み出される浦中さんの作品の世界観をお楽しみください。

(詳細はhttps://kumanokodocenter.com/

*問い合わせ先

三重県立熊野古道センター

TEL:0597-25-2666(日本語のみ)

 

 3 ミケル・バルセロ展―世界を魅了するスペインの天才

*場所

三重県立美術館( 三重県津市大谷町(おおたにちょう)11 )

*期間

2021年8月14日(土)から10月24日(日)まで

9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

休館日 月曜日・9月21日(火) ※9月20日は開館

*観覧料

一般1000円 学生800円 高校生以下無料

*内容

大自然を着想源に独創的でダイナミックな作品を手がけるミケル・バルセロの日本初の回顧展です。初期から現在に至る絵画作品に加え、彫刻や陶芸など90点以上の作品を展示し、その多彩な芸術活動の全容をご紹介します。

(詳細はhttps://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

*問い合わせ先

三重県立美術館

電話 059-227-2100(日本語のみ)

◆新型コロナウイルス感染予防対策をした上でお出かけください。◆

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口を開設します

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口を開設します

新型コロナウイルスワクチンの副反応について、質問や相談が電話でできます。三重県の皆さんが、新型コロナウイルスワクチンを接種した後に、副反応と疑われる症状がある時に、電話で相談できます。

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口では、医療の専門的な知識を持った看護師等と話ができます。

6か国語(下記参照)に対応しているので、心配なことがある人は、この窓口をご利用ください。

※ワクチンを接種する前でも、副反応の質問・相談もできます。

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口

電話番号 059-224-3326

開設日時

2021年8月2日(月) 9時

受付時間

24時間対応(土曜日、日曜日、祝日も対応します)

対応言語

ポルトガル語、スペイン語、中国語、韓国語、英語、日本語