弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

2017/09/11 月曜日 お知らせ

発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、政府は、全国瞬時警報システム (Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。

Jアラートを使用すると、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、携帯電話に緊急速報メールをお知らせします。

 

弾道ミサイルが発射されてもJアラートが鳴らないことがあるのはなぜでしょうか?

Jアラートは、弾道ミサイルが日本の領土・領海 に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がある場合に使用します。

逆に、日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。

 

【Jアラートによるメッセージ例】

「直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難してください。」

【Jアラートサイレン音の再生(.mp3

※このサイレン音を複製し、又は録音するなどして、みだりに吹鳴することを禁じます。

 

Jアラートが鳴ったら、落ち着いて、直ちに行動してください。

  1. 速やかな避難行動:

屋外にいる場合 → できる限り頑丈な建物や地下(地下街や地下駅舎など)に避難する。

建物がない場合 → 物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

屋内にいる場合 → 窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

 

  1. なるべく速い正確な情報収集

テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。

行政からの指示があれば、それに従って落ち着いて行動してください。

 

近くにミサイルが落下した場合:

屋外にいる場合 → 口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

屋内にいる場合 → 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

 

詳細は内閣官房国民保護ポータルサイトからご確認ください。
http://www.kokuminhogo.go.jp/pc-index.html

秋の全国交通安全運動

2017/09/11 月曜日 お知らせ

秋の全国交通安全運動

 

交通ルールを守り、正しい交通マナーで行動する習慣を身につけ、県民の皆さん一人一人に交通安全意識を高めていただくことを目的とした運動を実施します。

実施期間

9月21日(木)から30日(土)までの10日間

※9月30日(土)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。

全国で重点的に取組む項目

  • 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

 

三重県で重点的に取組む項目

 

横断歩道における歩行者優先の徹底

横断歩道を横断しようとする歩行者がいる時は、車は必ず一時停止をして、歩行車の優先と安全を守ってください。

☆ 交通安全のため、車やバイクは早めにライトをつけ、歩行者や自転車利用者は反射材を身につけましょう ☆

 

後部座席を含めた全ての座席でシートベルトとチャイルドシートの着用が義務づけられています。

~三重県警察~