三重県立美術館企画展「杉浦非水 時代をひらくデザイン」を開催します

三重県立美術館企画展「杉浦非水 時代をひらくデザイン」を開催します

2021/11/12 金曜日 お知らせ, 文化・レジャー

三重県立美術館では、日本におけるモダンデザインの草分けとして知られる杉浦非水(すぎうらひすい1876-1965)の大規模回顧展を開催します。

(1)期間   

2021年11月23日(火・祝)から2022年1月30日(日)まで

(2)開館時間 

9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

(3)休館日

毎週月曜日(ただし1月10日は開館)

年末年始(12月29日~1月3日)

1月11日(火)

(4)観覧料  

一般1,000(800)円・学生800(600)円・高校生以下無料

※( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金

※毎月第3日曜日(12月19日、1月16日)は団体割引料金となります。

※学生の人は生徒手帳・学生証等をご提示ください。

チラシは、こちらhttps://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000980197.pdf

問い合わせ先(日本語のみ)

三重県立美術館

〒514-0007 津市大谷町11

電話番号:059-227-2100(日本語のみ)

https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000255888.htm

11月・12月は県税の「差押強化月間」です

2021/11/12 金曜日 お知らせ, 文化・レジャー

11月・12月は県税の「差押強化月間」です

みなさんが納める税金は、社会全体のために使われています。税金は期限までに納める必要があります。ほとんどの人は期限までに税金を納めていますが、納めない人がいると不公平になります。

そこで、県では収入や財産があるのに県税を納税しようとしない人(滞納者「たいのうしゃ」)に対して、法律に基づく滞納処分を徹底しています。県は、11月と12月の2カ月間を県税の『差押強化月間』として、県内8カ所の県税事務所が一斉に「差押処分」を行います。

「給与」や「売掛金」、「預貯金」、「生命保険」などの「債権」をはじめ、「自動車」、「不動産」など、さまざまな財産が差押えの対象となります。

「自動車」の差押えにあたっては、車の移動ができないように「タイヤロック」の装着を行うことがあります。差し押さえた自動車、不動産等は、インターネット公売で売却し、滞納となっている税に充当します。

また、財産を発見し、差押えを行うために「捜索」という手段を取る場合もあります。県税の『差押強化月間』は、11月・12月の2カ月間ですが、その他の期間でも随時差押えを行っています。県税をまだ納付していない方は、早急に納めるようにしてください。

県税事務所において、日本語での相談が難しい人は、みえ外国人相談サポートセンター(MieCo「みえこ」)に相談してください。

電話 080-3300-8077 *多言語対応

日曜日から金曜日まで(祝日を除く) 9時から17時まで

(参考)

〇 県税事務所が徴収する主な県税  自動車税種別割、個人事業税、不動産取得税など

〇 2020年度差押執行件数   3,147件

お問い合わせ先(日本語のみ)

三重県総務部税収確保課

TEL 059-224-2131