結核の感染拡大を予防するために

ニッケン学園で結核検診が行われました

2015/03/19 星期四 健康 @zh-hans

01結核という病気は適切な治療を受けないと死に至ります。2012年、三重県だけで新登録患者数は252人にのぼり、うち28人が死亡しました。2013年には241人のうち27人が死亡しました。

健康状態の確認と病気予防のためには、定期健診がお勧めです。三重県健康管理事業センター(健診センターサンテ)が四日市市の日系ブラジル人学校 ニッケン学園で無料健診を行いました。この健診の担当者から、この健診の目的と結核に関する重要な情報を教えてもらいました。

[健診センター サンテの衛生管理者 福岡秀泰さんのインタビュー]03

「今日の目的は、日本にいる外国人の方に対して、三重県健康管理事業センターが無料で結核検診をさせていただくということで、結核という病気を知っていただき、結核に対する知識や結核検診に必要性を理解し、検診を受けるという行動につなげていただくことを目的としています。」

結核について教えていただけますか

「結核とは、結核菌が体の中に入っておこる病気です。主に肺が悪くなります。特に高齢者・子ども・体の働き(免疫力)が弱い人は結核にうつりやすく、注意が必要です。」

06結核の症状を教えてください。

「結核の初期症状は、風の症状に非常によく似ています。主に、咳が2週間続く、痰(たん)が出る、急に体重が減ってきた、だるい、他には熱が出たり、寝汗をかいたりというような症状があります。」

感染の疑いがある場合にはどうすればいいですか。

「感染の疑いがある場合は、すぐに病院を受診してください。ただ、疑いがない方でも、一番大事なのは一年に一度、必ず健康診断を受けてください。」

ニッケン学園の教職員の方々も健診を受け、この機会を与えてもらったことに感謝をしていました。

[ニッケン学園の校長 Celina Yojoさんのインタビュー]14

「調査によると外国人住民の中で感染者が多いと聞きましたが、多くの人はこれに関して何も話しません。日本にはウイルス性の病気が多くて、特に子どもは重症化したりします。この結核健診では、レントゲン検査だけでなく、異常が見つかったらすぐに知らせてくれるので、重要な健診と思っていますし、生徒や職員の健康管理をしなければならないので、できれば毎年行いたいです。ここまで来ていただいたことに感謝しています。」

09[ニッケン学園の教師Ademar Oshiroさんのインタビュー]

「感染予防のためでもあるけど、異常が見つかる可能性を含めて、健診を受けられるのはとてもありがたいことだと思います。受けることができて良かったと思っています。その上、この健康管理組織が学園まで来てくれて、それに無料で行ってくれることにとても感謝しています。」

結核は深刻な病気ですから、感染拡大は予防しなければいけません。定期健診を受けることによって、病気を早期に発見できます。健05診に関する情報については、住んでいる市町の保健センターにお問い合わせください。

多文化共生と日本の社会

2015/03/19 星期四 健康 @zh-hans

2015年2月14日に開催された「多文化共生啓発イベント」

Image2日本の社会に協力する外国人住民がたくさんいます。日本在住の外国人住民は、学校に通いながら、または企業で働きながら、日本で母国の文化を広め、日本人と共に多文化共生社会を築き上げています。

「多文化共生」の意味とは何でしょうか。

 [公益財団法人事務局長 坂西卓朗さん のインタビュー]

「やっぱり一番大事なことは、日々の生活の中で共に生きるということだと思います。例えば、最近イスラム国の報道が大変多くありますが、異なる宗教、生活、文化、様々な違いはありますが、それぞれに良いところがありますので、それを分かち合って、共に同じ地域で暮らしていく、そういうことが多文化共生において大変重要だと思います。」

2月14日に伊勢市で開催された「多文化共生啓発イベント」では、多くのセミナーや舞台発表などを通して、日本在住の外国人の文化等が紹介されました。日本で生活している外国籍の参加者にインタビューをしました。

[ネパール国籍のMuku Maya Tamangさん のインタビュー]2

「日本に来た当時は、日本語が分からなくて大変でした。日本語の学校に通い始めると、先生は優しくて、教え方が親切でとてもよかったので、日本語をすぐ覚えることができました。

大変なこともありますが、日本人の方はみんな優しく助けてくれました。どこかへ行くときには大変だったけど、みんな助けてくれましたので、とても良かったです。」

日本に来る機会がまたあれば、また来てみたいですか。

「はい、もう一度チャンスがあれば、日本にまた来たいです。」

[インドネシア国籍のMelti Afridaさん]

「私の名前はメラティです。インドネシアから来ました。私は今PHDの研修生です。」

日本に来てからの生活はどうですか。

「日本での生活は便利で、時間が守られることがいいことだと思います。日本人は凄く優しくて、全員優しいので凄くいいと思います。」

Image4[ミャンマー国籍のSan Tun Ooさん]

「私の名前はサントゥンウーです。日本人の子供はサンちゃんと呼んでいます。」

お国はどこですか。

「国はミャンマーです。」

日本に来てからの生活はどうですか。

「日本の生活は大変だと思います。毎日忙しいけど、生活は便利です。やさしい言葉もあるので、私たちと話す時には問題ないです。」

[オーストラリア国籍のKeiko Holmesさん]

「日本の生活は好きです。コンビニとかが凄く便利ですし、日本の食べ物が凄く好きです。例えば、多分一番好きなのは寿司です。回転ずしが凄く好きです。いつも日本に来るときは、友達とか家族と一緒に回転ずしに行っています。オーストラリアでも寿司がとても流行っていますが、やっぱり日本の寿司が一番です。」

日本人とのコミュニケーションはどうですか。

「最初は日本語能力のことで少し緊張します。日本語には敬語もありますから、ちゃんと敬語で話せるかなという緊張もありますけど、私は日本語の勉強をしているところですから、日本人はあまり気にしないみたいなので、気軽に話しています。」

このイベントでは、ペルーの文化に関する発表もありました。伝統の踊り「Mariñera Norteña 」の素敵なステップは参加者を虜にしました。

[ペルー国籍のGrace Akiko Casalinoさんのインタビュー ]Image1

「ペルーの子供に、離れているペルーの文化、ダンスを覚えてもらって、こういう素敵なところ、日本人が集まるところにきて披露するのが、私とダンススクールに通う子供たちの母親が目的にしていることです。」

日本で生活していてどうですか。

「日本で生活して日本人の友達がたくさんできて、交流ができることが一番楽しく毎日過ごしています。」

[ペルーの伝統の踊りの日本国籍生徒インタビュー]

「Grace先生の踊りを見て、凄く格好良くて、美しさがあったので、私もそういう風になりたいと思って、このラテンダンスを踊っています。」

日本在住の外国人は、様々な形で日本社会に協力できます。働くことだけではなく、外国の文化をより深く理解した社会をつくる手助けができます。

Image3[公益財団法人事務局長 坂西卓朗さん のインタビュー]

「私は神戸から来ていますが、神戸は地震がありました、その時に日本人も大変でしたが、在日の外国の人から大変助けていただきました。そういった経験もありますし、今では日本人の人口も大変減ってきていますので、なかなか日本人だけで生活、仕事をしていくことが難しい状況になっていると思います。

今年2015年は、過去最高の外国人の就労者が多い年になるという推測が出ています。今後日本はどうしても少子化が進んでいきますので、日本人だけの力で日本の産業を支えていくことができません。私個人の考えとして、よりたくさんの人に日本に来ていただいて、日本で仕事をする、そして日本で結婚して、生活をし、子どもを生み育てていただく、そういったことで日本人も大変たくさん勉強になることも多いと思いますし、経済的にもそういった外国人の方の存在というのは大変大きいと思いますので、そういった意味で共に生きていくということができれば、大変ありがたいと思います。」

みつめる、かんじる、ふれあう。あなたがつくる笑顔のつながり。これが多文化共生の本当の意味です。